--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.30(Fri):FFXIV


 早いものですねぇ。FF14の正式サービス開始から1年が経過しました。

 クライアントダウンロードに悪戦苦闘したオープンβテストからプレイを始め、昨年9月22日から先行ログイン開始となりました。


 1年前の時点でFF11のレベル上げにがっくり来ていて、こっちの方がレベル上げが楽しいからって始めたFF14ですが、結果的にはこちらも少しばかり遠ざかる結果となってしまいました。

 わたしの場合は、ゲームシステムや出来が中途半端でスタートしてしまっていたのが納得いかなかったという訳ではなく、ちょっとした人間関係のもつれとでも言いましょうか、あまり自分に余裕がない時に、ゲームをしに来ているのにストレスが溜まるような出来事に疲れたっていうのが本当のところです。

 FF11の時も人付き合いでつまづいた事はありましたけど、今回はちょっとばかり事情が特殊だったようです。


 まあ、そんな訳で少し距離を置くつもりが、置き過ぎて今に至るといったところなんですがw



 さて、激変が予想される「1.19」パッチは10月5日に決定しました。ホントは今日に着地できるように頑張っていらっしゃったようですけどね。無期限プレイ料金無料に追い込まれているFF14ですが、その不測の事態を脱するべく、大規模な改修となる大型パッチのようです。


 いったい何がどうなるのか。主なところを引っ張り出してみようかと思います。




 ■ グランドカンパニー

 これはFF11でいうところの所属国ですかねぇ? 雰囲気でいうと過去世界のカンパニエに近い感じになるんでしょうか。

 1回所属すると所属国を変える事ができないという仕様だそうで、フォーラムで議論にもなっておりますが、さてはて・・・?




 ■ 蛮神イフリートバトル

 まあ、なんつーか・・・ ランク50に到達してるプレイヤーの為の追加コンテンツでしょうね。

 このイフリートバトルに関しては、数日前に動画が配信されて、プレイヤーの中ではテンション上がってる方が多いようです。専用装備も報酬として用意されていて、今後、もしかしたらですが、召喚士実装でもされれば、イフリート契約も絡んできそうな予感もします。




 ■ キャラバン護衛

 これはグランドカンパニー絡みの定時コンテンツのようです。ランク20あたりから参加可能な低レベル向けコンテンツのようですが、ソロではキツイと明言されております。

 グランドカンパニーが同じ所属国同士でないとPTが組めず、所属国によって参加できるエリアも決定されているそうで、最大参加人数が4名、地球時間15分毎だったかな?のコンテンツという事で、いろいろな縛りがプレイヤーには納得できないようで、フォーラムであれこれと不満が書かれております。どうなることやら・・・w




 ■ 蛮族砦

 FF11でいうダボイ・ベドー・オズトロヤですね、きっと。

 後述するターゲット占有の在り方が変わる関係で実現できそうなフィールドエリアになるようです。

 これも多分、高ランクプレイヤーの為のエリア開放の一環だと思われます。




 ■ ギルドリーヴのチケット制

 従来は36時間更新で、リージョナルリーヴとファクションリーヴが計8種、ローカルリーヴが計8種の16種を取捨選択していきました。

 これが12時間毎にリージョナル・ファクション・ローカル込みで4種を選ぶ方式に変更。最大99回分までスタック可能という仕様に変更されるそうです。

 トータルで見れば36時間毎にリーヴが4回分損している計算にはなりますが、代わりに自由にプレイできる時間が増える事になります。

 インスタンスレイドダンジョンや通常狩り、後述するマテリアクラフトによる製作への没頭など、あれこれと手を出しやすくするメリットはありそうです。集中的にリーヴを受けて、一気に経験値を稼ぐとかもできるでしょうしね。




 ■ 通常モンスターのPT制

 FF14のコンセプトでもあった「多vs多」。これのとっかかりですね。基本的に「多vs多」と言っても、ギルドリーヴで出現する敵が最大3匹のPTを組んでる事があるという程度。

 今回のこの調整は、こちらの戦力やPT規模により、近くにいる通常MOBが助けにくる事があるというリンクシステム・・・っぽい?w

 ソロには優しく、PTには歯ごたえのある戦闘ができるようになるといいですよねぇ・・・。




 ■ 占有システムの変更

 今までのFF11のような早い者勝ち占有システムが、ビシージやカンパニエのようなPT外アタックが可能になるようなのです。

 戦利品はファーストアタックを取ったPTに権利が与えられますが、アタックは他PTでも行なう事ができるようになります。賛否両論あるかもしれないですが、これが可能になる事により、前述の蛮族砦を他PTと込みで多人数進軍するという事が可能になります。戦略云々がなくなる可能性も秘めてますが、動画を見た感じでは、蛮族砦には相当数のMOBが配置されているようなので、数PTがその場で協力して、奥地へ進軍・・・ なんていう事もあるのではないでしょうか?




 ■ チェーンボーナスの導入

 FF11にもあったチェーンボーナスが導入されるようです。懸念するところとしては、占有が無くなる事による経験値獲得の仕組みが変わる事とその調整が上手くできるかどうか。調整を間違えば、稼ぎやすくなり過ぎたり、稼げなくなり過ぎたりが起こるはず。その調整は今後のキャップ開放以降にもついてまわるはずなので、しっかりと吟味する必要があると思われます。



 ■ フィジカルレベルの廃止

 クラスランクとパーソナルレベルが分かれてたのは、ステータス補正においての足枷になっていたんでしょうかねぇ。

 クラスランクが低くても、フィジカルレベルが高ければステータスは高い訳で。このせいで、ステータスの数値の影響力が小さくせざるを得なくしてるというか、装備で強化したとしてもあまり変わった気がしないという事態が起こってたような気がします。

 フィジカルレベルが無くなって、ステータスもクラスランクによって変化するようになれば、装備品によるステータス強化の意味が大きくなる・・・はずw FF14では戦闘中着替えはペナルティがある為に出来ないですしね。

 これに伴い、修錬値から経験値に、ランクがレベルに置き変わるそうです。着々と普通のRPG用語に変わっていくw




 ■ 製作レシピの大幅変更

 これがフォーラム上でも物議を醸しております。

 あまりに大幅過ぎて見にくい上に、今後使われなくなるアイテムが膨大過ぎて涙目のプレイヤーも多いとか?

 更には採掘・収穫などのアイテムも大幅変更、NPC店売り価格なども変わる事もあって、10月5日までにアイテム整理しようとしているプレイヤーも相当いらっしゃるようです。この辺りは混沌としそうですねぇ。

 レシピ改修後は製作素材がシンプルに変わるみたいなので、物作り自体は楽になる気がします。ただ、一度に出来上がる素材製作個数が減る事が決定しているので、今のうちに大量に抱えようとしているプレイヤーが多いのは「Lodestone日記」上でも見受けられます。




 ■ マテリアクラフトシステム

 製作における目玉システムですね。これは前回記事にも書いたので詳しくは書きませんが、「愛着度」がおかしいというフォーラム戦士達の言葉を受け、「錬精度」という単語で落ち着いたようです。

 製作レシピが簡略化された事で、マテリアクラフトの為の装備品が作りやすくなり、マテリア精製の為に装備品も消耗品のようになれば、経済循環も起こるようになるだろうと期待されていると思われます。




 ■ チョコボと飛空艇の実装

 これもちょこっと前回書いてたかなーと。

 チョコボはレンタルと自己所有の2種があるようです。

 レンタルは10分間の騎乗という事で、移動速度によっては短いという気がしないでもないです。FF11では30分だったと思いましたしね。

 マイチョコボ所有条件がグランドカンパニーに正式所属し、軍票と呼ばれるポイントを3000ポイント(変動するかも)で交換できるチョコボホイッスルを使用すると呼び出せるとの話。

 軍票っていうのはFF11でいう戦績ですね、きっと。マイチョコボは「オス」を強調しているスクエニですので、将来的にはFF11のように交配して、世代を繋げていく仕組みも導入していくんだろうと考えます。

 ちなみに、マイチョコボの方がレンタルチョコボより脚が速いと書いてあった気がします。

 飛空艇は実装直後では単純な転送システムだけのようです。船は移動時間があるのに、飛空艇は瞬間移動っていうのも変な気がしますけどね。3分くらい、飛んでる演出を出しててもいいようなものだと思いますが・・・。

 とりあえずはこれらによって、テレポ用アニマの節約に繋がるだろうとは思います。




 ・・・

 ・・・長すぎて疲れたw

 とにかくざっと挙げただけでも結構な変更があります。

 これで全部ではありません。


 それだけ、この1周年パッチは大きな影響を与えるものになるかもしれないという事ですよね。

 スクエニとしても、いい加減課金できる状態にしないといけない訳ですし、悪化させてしまったイメージを払拭しなければいけないですから。

 ホントならすでに発売されていたかもしれないPS3版すら、まだ目処が立ってません。PS3版のβテストの話も立ち消えになってるんですからねぇ・・・w



 FF14サービス開始1周年。ここまで悪評高いゲームになるとは思ってませんでしたが、「Lodestone」やフォーラムを見ている限りでは、吉田Pが携わってから変わった感はひしひしと感じますので、期待はしております。

 今後も生暖かい目で見守る事に致しますw



スポンサーサイト

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。