--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.02.15(Wed):FFXIV


 ハイ、気づいたら月曜日にすでにフォーラムにて、吉田Pからのワールド統合新案が発表されておりました。すっかり更新が遅れてしまったまっぴーさんです。みなさん、ごきげんよう('Д')


 明日は早起きさんなので、駆け足に更新して退散する事にしますが、FF14におけるワールド統合新案は、前回に書かせていただいた②案と④案を足して割ったような案になっておりました。ある意味、被害(?)を受ける方を最小限に抑えた案でもある為、フォーラム上ではすっかり落ち着いた状態になりました。吉田Pの消火作業は大成功だったようです。


 基本的にはJP・NA・EU圏それぞれのピークタイムをぞれぞれバランス取れるようなサーバー統合をするという話だそうで、FF11で見たような単純に同接数を上げる為の統合とは少し違うようです。あくまでも、本来の統合目的はブレずに行なうという事ですね。

 A鯖+B鯖=まったくの別鯖 という形を取るという事で、FF11の時のような先住民と移民みたいな関係は極力排除の形態になります。地味にこれは重要だと思っちゃったりしてます。

 加えて、鯖移動を希望するプレイヤーにおいては、サーバーにおける上限内の所であれば移籍可能という事で、②案をベースにしつつ、④案のように結果的にプレイヤー全員がサーバーを移動するという一番無難な落としどころへシフトした形になります。



 しかも、新鯖へ移動しても統合前のフレンドリスト、LSデータを引き継ぐというおまけ付きだそうです。始めからこれが出来るんなら、この話で通せばあそこまで揉めなかったはずなのに・・・w

 当初はフレンドリスト、LSデータは引き継げないという話だったのに、公式トピックスで案内を出してから、吉田Pが新案をポストするまでの正味3~4日。わずか3~4日で可能になりました!って言われても、なんだか変な邪推をしてしまう方も多そうですよね。まあ、多くのプレイヤーにとって悪い話ではないので、それほど問題になってないようですけど。



 この新案により、課金をしていないプレイヤーが各サーバーの地慣らしの為に点在させられるという「はぐれプレイヤー」のシナリオは実質上消滅しました。わたしとしても、これで一安心w 元バスロメンバーが復帰とか、わたし自身が復帰した際には、なんとか人脈を保っていける保障をしてもらえそうです。


 という訳で、ワールド統合問題はほぼ収束。FF11の時もある程度ユーザーの立場に歩み寄った統合方法を模索してくれればよかったものを・・・ と、ついつい言ってしまうのです。わたしって嫌な人ですよねw ではでは。ちゃお('Д')


スポンサーサイト

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。