--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.11(Sun):雑記

 早いもので東日本大震災からもう1年が経ってしまいました。


 あの時の地震は1年経ってもはっきり思い出せるほど衝撃的なものでした。関東地方にいるわたしでこれなんですから、東北地方にお住まいの方はこんなものじゃなかったでしょうね。

 当時、推定マグニチュード7.9といわれた地震は、最終的に9.0まで引き上げられ、死者・行方不明者が約19000人という未曾有の大災害になってしまったこの震災。未だに行方不明のまま見つかっていない方もいらっしゃる事を思うと、非常に胸が痛みます。

 福島第一原発事故により、関東地方でも計画停電による混乱や放射性物質による食物、水道水安全への懸念などが起きましたね。お米や水、電池の買い占めが起こってしまった事も思い出します。

 わたしの住んでいる所では、1~2ヶ月もした時にはすっかり落ち着いてしまって、節電くらいしか影響がなくなってしまいましたが、津波や原発の影響を受けた方は未だに仮設住宅で生活されていたり、地元を離れた避難生活を余儀なくされている訳で、それを考えると何とも複雑な心境です。


 原発事故による放射能汚染も長期に渡って影響を与えるものですし、関東では近い将来、首都圏・東京湾直下型地震の危険もあります。これが起きれば、わたしの住んでいるエリアでも間違いなく震度6弱・6強の地震が起きる事と思います。

 東日本大震災が起こってから1年。改めて近い将来に起こりうる大地震について、心構えであったり、家族との連携であったり、非常時の備えについて考える良い機会かなと思います。


 最後に、この地震や津波による犠牲者の方々への冥福をお祈りすると共に、被災地の復興が早く進みますようにお祈り申し上げます。

スポンサーサイト

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。