--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.04(Thu):雑記



 今年の夏は暑かったですよねぇ。おかげさまで、9月頃から夏の疲れがどっと出たのか、体調不良に悩まされていたまっぴーさんです。みなさん、ごきげんよう('Д')


 基本的に外周りのお仕事なのもあって、何度熱中症にかかりかけたか分かりません。暑いのが苦手なのに、空調もあまり得意ではない体質なのもあって、ガンガンにクーラーのかかった部屋にいると調子が悪くなってしまうので、あまり体が休まらなかったんですよねぇ。


 ここ最近になって、ようやく涼しくなってきましたが、逆にこの涼しさで体調がっくし感が加速しましてね。あまり生きた心地がしなかった9月でございました。


 そして、トドメは頸椎ヘルニア爆弾ちゃんです。あまりのシンドさに一昨日は仕事を早退し、昨日今日はお休みを貰いました。とりあえず今日は起きていても平気なくらいには戻ってきましたが、昨日までは首痛の他に、酷い頭痛と吐き気に悩まされておりました。


 しかしながら、ようやく苦手な夏を乗り切ったので、あとは秋の花粉症シーズンが過ぎれば・・・ 乾燥激しい冬・・・デスカw

 わたしにとっては、過ごしやすい「いい時期」というものは存在しないようです。虚弱体質の体が非常に恨めしい・・・w





 ◆ 10月期アニメが出始めてまいりましたが ◆

 早いもので、またまたアニメ放送入れ替えの時期がやってまいりました。まだ出揃っているわけではないので、何とも言えないですが、おそらく今シーズンも週40本近くのアニメを視聴する事になるのではないかと思われます。時間がたりにゃいよね('Д')


 個人的には「ソードアート・オンライン」はドハマりしそうな勢いです。オンラインゲームをやった事がある方なら、世界観は絶対にそそられるものがあると思いますしね。

 オンラインゲーム内であそこまでアツイ物語があるかといえば、それはないだろなぁっていうのもあるので、あくまでもアニメや小説でのフィクションと割り切れるものではあるのですが、オンラインゲーム内でのプレイヤーの死=現実での死 というのは、非常に重たく感じるものがあります。

 FF11では戦闘不能を1000回以上積み重ねたわたしですから、リアル命がいくつあっても足りないくらいなんですが、ヴァナまっぴーさんがそれこそ命がけで戦ってきたミッションやBF戦がリアルに描かれてたらこんな感じだったんだろなぁって脳内変換してたら、とてもアツくなりました。そういう意味では感情移入できるアニメだと思いますね。


 原作は小説らしいので、アニメを見終えたら小説版も読んでみようと思います。アニメは7月から放送を開始し、10月期も引き続き放送する2クールものという事で、次回放送の第14話がまずは「アインクラッド編」の一区切りになりそうな雰囲気ですが、後に続きそうである「フェアリーダンス編」も楽しみにしたいですね。


 「ソードアート・オンライン」において非常に勿体無いなぁと思うのは、展開がやや早すぎて、ゲーム内の設定や仕様が説明不足に陥ってる事でしょうか。魔法が無いという設定はともかくとしても、武器スキル設定や結晶アイテム設定、部位欠損や武器破壊などの戦闘系仕様などの説明がアニメ内ではなく、アニメ製作関係者のツイッターなどで補完されてしまってる事にやや残念さを覚えます。

 わたしみたいにツイッターをやってない視聴者は、ある程度世界観を自分で汲み取っていかないといけない面があるので、やや置き去りにされてるところはあるのですが、それを悪意に捉えずに見ていけるなら、オンラインゲーム経験者にはハマっていける設定だと思うのです。


 これを見ているとFF11がお仕事になってた頃(?)を思い出すのです。ああ、またオンラインゲームやりたくなるなぁって・・・w





 ◆ オンラインゲームの宿命でしょうか DQ10編 ◆

 さてさて、ドラクエ10のプレイヤー専用サイトにあれこれと注意事項が追加されておりました。


 ・取材と称した不審者にご注意ください

 ・ルールとマナーページを更新しました

 ・不正アクセス対策に関わるご協力のお願い


 何と言いますか・・・。オンラインゲームにおける最低限の注意事項な気はするのですが、これもWiiで遊べるMMOっていう事で、とにかく初心者が多い事と、全体的なプレイヤー年齢層が低い事が要因になってるんでしょうねぇ。

 最近の投稿記事では、不正アクセス、いわゆるアカハックに関する書き込みがちらほらと見受けられまして、パソコンでもないのにアカハックとか、プレイヤー側のパスワードやID管理が余程ずさんなのか、えーっ・・・?って感じではあるのですが、現実問題として結構起こっているそうです。


 RMTに関しても動きがあるようで、次回大型アップデートで実装されるハウジングシステムなんかは、大量のゴールドが動く事が予想されるゆえ、RMTに安易に手を出すプレイヤーが増えるんじゃなかろーかと勝手に予想しているというか、想像しております。


 ハウジングシステム実装により、大量のアカウントとゴールドが凍結されないように、第三者的なわたしは生暖かい目で見守っております。





 ◆ FF14現行版 あと1ヶ月 ◆

 さてさて、FF14も現行版データの最終セーブが11月1日に、現行版プレイ最終日が11月11日夕方5時までに決定したそうで、つまりあと1ヶ月ほどで現行版も終了するようです。

 公式サイトを見ると、現行版でしか出来ない事やギル・アイテムの引継ぎについてなどの記載もあり、プレイヤーに対して注意喚起していたりするのですが、その中で気になるのが、「プレイヤー所持ギルを一桁減らすデノミネーションを実施する」というもの。


 現行版で持ってるギルが20万ギルだとした場合、新生版では所持ギルが2万ギルになるという事です。


 これに関しては、フォーラムでもあれこれと騒ぎになってたのを見かけております。今のうちにギルを使わないと損だという人もいれば、そのままの方がいいに決まってるという人もいます。アイテムに替えて一儲けを考えてるプレイヤーもいます。

 このデノミについて、わたしがあえて言うならば・・・。


 とりあえず、今回のデノミネーションでは、所持ギルが1/10にされますが、新生版では現行版での収入源であるギルドリーヴやクエスト報酬、アイテムの販売価格、売却価格も1/10に、または1/10に近づけると記載されております。

 つまりは2万ギルで売ってたたっかい剣や斧も2千ギルに値下がりするわけです。ギルドリーヴで5千ギル貰えてたものが5百ギルになるわけです。

 変わらないものはプレイヤー側の金銭感覚でしょうか。今まで500万でバザーしていたものを50万にはできないでしょうからね・・・w

 しかしながら、金銭感覚が新生版の一桁減ったものに慣れてくれば、価格は徐々に下がる事でしょう。高いままだと売れなくなるでしょうから。


 と言うわけで、個人的には一儲けを考えてる人はリスクを冒してアイテムを買い込めばいいし、堅実に何もしないという方はしなければいいという考えですか。わたしなら何もしないで、いつも通りに過ごしていくでしょうけどw



 オンラインゲームではパッチひとつで価値観がガラリと変わるゲームだと思っています。FF11でもそうでしたからね。このFF14のデノミに関しても、それに近いものと認識します。

 わたしの場合は確か300万ギルくらい持ってて、シオンさんに200万ギル貸していたので、手持ちは100万ギル。新生版で復帰したとすれば、手持ちは10万ギルになってるという事です。

 単純に考えれば、貸してる200万が20万になると180万損するっていう考えに至る方がいそうですが、新生版では収入も1/10になる訳ですから、基本的に価値は変わらないと思うんですよね。変わるとすれば、現行プレイヤーがどこまでこのデノミを受け入れるか。1/10の価値にみんなが意思統一できれば、現行と変わらない価値観になるはずですが、まあ、きっとそうはならないでしょう。


 この貨幣価値が落ち着くには、新生後しばらくは時間がかかると思っております。





 ◆ まとめ ◆

 最近、体調不良が続いていたのもあって、まったくカラオケに行けてなかったのです。比較的調子が良かった日に、1ヶ月振りに「ひとカラ」に行ってきましたが、全然声が出ず・・・。かなりリハビリしないと元に戻らなそうです・・・w



スポンサーサイト

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。