--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.03(Wed):FFXIV



 ハイ、FF14新生エオルゼアのβテストですが、フェーズ3においては毎週末に行われるスケジュールのようですね。今週もまた週末に行われるのでしょうか?


 わたしの契約プロバイダーにおいては、P2Pデータ制限によるエラーコード「90000」表示により、短時間に回線が強制切断されてしまうという、ある意味クリティカルなエラーに直面した訳ですが、先週末はそれがだいぶ改善されたようであります。


 我が家の回線においては、とりあえずエラー表示が出なくなっておりました。やっとまともにプレイできるw あとは時間の問題だけですね('Д')




 さて、PS3版において、ようやく! プレイしたβテスト版 FF14新生エオルゼアですが、旧FF14のパソコン版との比較になってしまいますが、全体的に絵が淡くなった印象があります。旧版の方がパリッとしたグラフィックの印象ですね。これは好き嫌いあるかもしれませんが、新生版でも充分にキレイだと思います、ハイ。


 PS3版もよくぞここまでという印象を持ちました。パソコン版のグラフィックはベンチマークで見た感じで表現されると思うので、パソコン版とPS3版の比較というのはそれで可能だと思っておりますので。




 グラフィックはいいのですが、気になったのが「ローディングの時間の長さ」。とりあえず旧版引き継ぎキャラで、少し操作してみた感じなだけなんですが、エリアチェンジ時の読み込みの長さが非常に気になりました。うーん・・・ これはPS3の本体性能に依存しちゃってるのか、それとも家のネット回線の遅さゆえなのか、原因が特定できないんですけどね。


 旧版は不自然な一本道があったとはいえ、エリアチェンジする箇所が非常に少なく(厳密に言えば、その一本道でエリアブロック単位で読み込みはしてるのですが、露骨に画面が暗転しない仕組みにはなっていました)、歩かされる時間は多少あったとしても、自キャラを操作してる分、ストレスはかかりにくかったイメージはあります。


 新生版では旧版と違い、エリア1つ1つはコンパクトにまとめられてるようで、FF11のように街中にしても、フィールドエリアにしても1つのエリア毎にコンセプト分けされているようなのです。


 少なくてもPS3版ではですが、クエスト散策でしばらくグリダニアを歩き回りましたが、エリアチェンジの度にストレスを感じましたね。長い!w 長いと20秒くらいは切り替えに時間かかってました。街中を移動短縮する為のワープ装置みたいなものも随所に設置されていたのですが、エリアチェンジを要するワープの場合(グリダニアなら旧市街から新市街へなど)、歩くよりは早いのかもしれませんが、歩いて街中眺めながら移動してた方が新鮮だったかもなぁと思えてしまうくらいの時間がかかってしまいました。ここは要改善だと思うのですが、ハード性能の限界なのだとしたら、ちょっと厳しいでしょうかねぇ?



 序盤はとにかくクエストクエストで、街中の構造を理解させるような仕組みに感じました。グリダニアはFF11でいうウィンダスみたいな国で、わたしは方向音痴スキル振り切ってるような人なので、正直苦手だったんですが、クエストをこなしていくと左回りに街を周回するような流れに進めていけたので、それに伴って街中ワープが開放されつつ、クエストによる経験値やアイテムが獲得できつつと、なかなか考えて作られてるなぁという印象を持ちました。

 おそらく、リムサ・ロミンサもウルダハも同じように作られているのでしょうね。βテスト・フェーズ3の間にもう2国も試してみてもいいのかなーなんて思ったりもしました。オープニングのムービーも違うかもしれないですしねw


 アクションパレットがちょっと特殊操作でしたねぇ。十字キーと△□○×の8箇所の位置関係にアクションをセットし、それをLトリガーとRトリガーの組み合わせで計16個のアクションが瞬時選択できるようになってるという面白いUIになってました。

 まだ操作に慣れてないのもあって、ケアル1つ撃つのも難儀してましたけどw

 引き継ぎキャラの幻術士がレベル23だったのもあって、アクションセット自体はまだまだ余裕ありましたが、これってレベル上がった際に登録できるアクション足りるんでしょうか? 他職のアクションもセットできる仕様が旧版と変わってないなら、きっと足りないと思うのですが。この辺りはもう少し操作してみないと、何とも言えないところではありますね。



 少しばかり序盤1時間くらい触れてみた新生版の感想を書いてみましたが(いまさら!!)、全体的には好印象。読み込みの時間の問題をクリアし、エラーコードの恐怖さえ消えてくれれば、新鮮さは非常にあります。FF11を初めてプレイした時の感覚・・・までは戻らないかもしれませんが、面白そうな雰囲気は凄く感じました。

 問題は年齢的になかなか時間が取れなくなってきてる事ですかねw 永遠の17歳でも、最近はやる事多くて以前ほど時間が取れないのが実情。

 こういうご時世だからこそ、FF11でいうアビセア乱獲上げみたいな「レベル上げは通過点」という流れができてしまうんでしょうね。レベル上げに時間がかかってしまっては、エンドコンテンツメインのゲームにとっては、そこに触れてもらう前に投げられてしまう可能性が高まるわけですから。

 ドラクエ10のレベルキャップ開放が早い事などもこういう世の中の動きに影響されてるのかなぁなんて思ったりしました。

スポンサーサイト

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。