--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.09.26(Mon):新生FF14


ハイ、こんばんは。まっぴーさんです。

やっと魔のシルバーウィークを乗り越えました。基本的に平日の夜にプレイしてるもんで、なかなか進んでない状態で少しもどかしくもありますが、先週初めてのダンジョンに挑む事になりまして、そのダンジョンにはパーティを組んで挑むコンテンツになっておりました。

FF14にはコンテンツファインダーという自動マッチング機能が搭載されておりまして、行きたいコンテンツを選択すると、今の自分のジョブに応じて、足りないジョブを自動で選定してもらってパーティを組んでくれるという優れものでございました。

今回のわたしのジョブは幻術士でしたので、盾役とアタッカー役が選ばれる事になっておりました。

そしてこの日に突入するダンジョンはサスタシャ浸食洞と呼ばれるところです。

とりあえずパーティプレイは初めてだったので、FF11の頃を思い出しながら、後衛は前に出ない、盾役のHPを維持していくのは最優先でついていく事にしました。

その時のパーティメンバーは確か盾役に暗黒騎士、アタッカーに槍術士と弓術士だったと思います。正直よく覚えてないw 暗黒騎士はFF14では盾役なんですねえ。ベテランさんだったのか、進行速度がかなり速かったので、ついていくのがやっとっていう感じでしたね。

このダンジョンに突入した当時、Lv18だったんですが、ここに至るまでで少し気になってたところがありました。

FF11はWSや魔法に属性が存在し、同属性の攻撃は通用しなかったり、魔法だと回復させてしまう場合すらありました。ですが、どうもFF14ではスキル説明を読む限り、属性が存在しない様子。

どの敵にもストーン、エアロが当たるし、双方の魔法は役割が違うようなのです。


ストーン=単体攻撃魔法で威力が大きい一撃

エアロ=即時発動する代わりにダメージが低い、ただ継続ダメージが発生する


つまり、エアロはFF11のディアやバイオのような初手に入れておいて継続的にダメージを与えるのが有効っぽいって事ですね。FF11でも白魔赤魔の初手はディア系バイオ系から弱体魔法を入れていき、盾役のHPを維持するスタイルだったと思いましたので、FF14でも同じような立ち回りで大丈夫そうな感じでした。

あとはFF11と違い、FF14では敵の数が多く、相手もパーティである事が大きく異なり、ターゲットの切り替えが忙しい忙しいw
これは回復役だからまだいいですが、攻撃に回るジョブだと相当忙しいんじゃないでしょうか? まあ、ここは慣れなんですかねぇ。

とりわけ大きなミスもなく、久しぶりのMMOパーティプレイは無事に終了したのでした! FF11では何かしらネタを巻き起こしてきたまっぴーさんですが、今のところエオルゼアでは堅実プレイなようです。


サスタシャ浸食洞をクリアし、ホッとしたのも束の間。次の問題が発生したらしく、リムサ・ロミンサからグリダニアへ再び戻る事に。

そして2ヶ所目のダンジョン、タムタラの墓所と呼ばれるダンジョンに挑む事になりました。現在幻術士Lv19のまっぴーさん。タムタラの墓所では何が起こるのか。今週はいくらかプレイできるといいなあ。

今日、プレイしようとしたらなんかメンテナンス中らしくて、ログインできませんでした。どうやら明日に大型アプデがあるようです。FF11の時でも時折大型アップデートってありましたけど、やっぱりワクワクしますよねえ。とりあえずアップデートのインストールにかかる時間だけが心配ですw

スポンサーサイト

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。